Menu

美の専門家が語る!キレイになるための最短距離

美の専門家サナエがアンチエイジングについて語ります。

多汗症になった時の具体的な状況

“以前に汗が多いという状況になって困っていました。それも普通ではない汗が出ていたので病気だと思いました。こういう症状を多汗症を言うので他人にも教えていました。
私はこの症状で困った経験が非常に多かったです。服も汚れて洗うことが一気に多くなりました。その服は汗が付いていたので使いたくない感じでした。
しかしお金もなくて同じ服を来ていた時期がありました。どうにかして多汗症を治そうと情報も探していたと思います。

汗が多いということで周囲の反応にも困りました。エピソードとしては汗を他人に指摘されました。
私が仕事で歩いていると仲間に汗が多いと言われました。私は多汗症のことを言って納得してもらいました。
余計な時間を使ったので珍しいエピソードだと思います。多汗症は難しい問題なので説明も大変でした。また相手も多汗症のことをあまり知らなかったです。
これで多汗症の認知度が高くないと感じました。

思い出すと子供の時も汗が多かったと思います。夏は凄い汗が出たので困ったことが多かったです。
それで頻繁に自宅のお風呂で洗っていました。記憶としてはプールで汗を洗うこともありました。
大人になってからもお風呂で汗を消すことはします。多汗症は処理をするために多くの時間が必要です。
これを考えると日頃の多汗症の対策が必須です。

個人的には服選びで時間を使うと良いです。私は汗が染み込まない服を買うことが多いです。それは便利なので多汗症の人にオススメできます。
こうして上手く対応できれば多汗症も面倒ではないはずです。”